会議室予約システムのメリット

会議室予約システムでバッティングを無くそう

会議

見れる予約状況

会議室を管理しているところも会議室を予約した方も、会議室が空いているのかがすぐ分かるようになり、管理する側も予約する側も予約状況が可視化されたことで利便性が向上されました。このように分かりやすいことで、会議室を間違えてバッティングするミスもなくなるので、無駄な時間を生まずに、スムーズに会議を利用することが可能です。

シンプルに使えて低コスト

特別に設備投資することがありません。ソフトをパソコンにインストールする必要もありません。インターネットに接続できるパソコンだけで導入出来ます。サーバー代も不要、システム担当も不要です。アカウントを作成して管理画面で操作するだけです。とてもシンプルで使いやすいですよね。

ヒヤリング

会議前の事前準備はとても大事です。万全な準備はスムーズな会議を実現出来ますよね。ある会議室予約システムは予約の際に、当日に必要なチェック項目をヒヤリングしてくれて、うっかりミスを防いでくれます。事前にプロジェクターや備品、テーブルや椅子のセッティングレイアウトの項目をタスク化して知らせてくれるので、円滑な会議に持っていくことが出来ます。

スマホ予約

インターネットが繋がるスマホでも予約が可能です。いつでも予約状況を確認出来るので、業務スケジュールを立てやすくなります。利用者に制限はなく、社員であれば誰でも予約が可能ですので、総務などに連絡を介す必要がありません。

メリットがたくさんの会議室予約システム

分かりやすくて使いやすく、いつでもスマホで予約状況を簡単に把握出来るので、会議室のバッティングが頻繁に起こっているのでしたら、ぜひ導入してご活用していただくことをおすすめします。

実際に利用されている方の口コミ

デスクで予約状況を確認出来る

私の会社ではグループ企業全体で会議室を共有しています。部署がたくさんあるので、今までは会議室の空状況を確認するのに、直接会議室まで行かなくていけませんでした。しかし、会議室予約システムを導入してからは、デスクで会議室の予約状況が把握でき、簡単に会議室を押さえることも出来るのでとても助かっています。

スマホで予約出来るのが導入の決め手に

会議室の空き状況の確認ができないことで「出先で直ぐにアポイントを取り付けられない」と、営業部署から常々言われていました。しかし、この会議室予約システムを導入してからは、いつでもスマホで会議室の予約をすることが可能になりました。業務がスムーズに行えるので社内からの評判も上々です。

福利厚生の使い道として

私の会社の福利厚生の一環で、スポーツ愛好会などの活動を社内の体育館で行うことが出来ます。定年退職された方も利用出来ることはとても素晴らしいのですが、利用者が増えて、バッティングすることがしばしば。そこでシステムを導入すると、円滑に予約をすることが可能になり、バッティングすることが無くなりました。

操作が分かりやすい

機械音痴の私は、いままでは会議室の予約を総務にお願いしていました。しかし、システムが導入されることが決まり、最初は扱えるのか不安でしたが、こんな私でも簡単につかうことが出来ます。予約を確認して、入室を押す。終われば退室を押して、延長なら延長ボタンを押すだけなので、本当に楽に操作が可能です。

広告募集中